#15-20180506-20180512
loading share widgets...


Android開発を加速するためのAndroid JetpackがI/Oで発表

https://android-developers.googleblog.com/2018/05/use-android-jetpack-to-accelerate-your.html
https://developer.android.com/jetpack/

基本的には、サポートライブラリ系やArchitecture Components等、今まであったGoogleによるライブラリ群のまとめと、それを利用した開発のガイダンスのようです。

今回の発表に伴い、バックグラウンド処理を管理する WorkManager と画面遷移の管理を簡単にする Navigation が新しく追加されています。
また、Pagingが正式リリースされてたりします。


KEEP 110:JavaのメソッドをKotlinから使いやすくするプロポーザルが出たようです

Android Jetpack: sweetening Kotlin development with Android KTX (Google I/O '18) - YouTube でも触れられて一部で話題になっていたプロポーザルです。

https://github.com/Kotlin/KEEP/issues/110
https://github.com/android/KEEP/blob/c0dc7f15d9cc91f9ef773f881ac67c8cc7470528/proposals/java-annotations-for-kotlin-sugar.md

このプロポーザルにもあるように、現状では Kotlin フレンドリーなライブラリーを Java で作ろうとすると API を Kotlin から使いやすいように意識して作る、もしくは、Kotlin 拡張関数のライブラリを別に作る、の二択になっており、このプロポーザルによって第三の選択肢が生まれることになります。個人的には、違う言語なのだからライブラリの作者が Kotlin 用の拡張関数ライブラリを提供すればいいのでは、と思っていますが、難しいという気持ちも分かります。


Navigationの登場でSingle Activityアプリにすべきなのかと議論になっているようです

https://www.reddit.com/r/androiddev/comments/8i73ic/its_official_google_officially_recommends_single/

ただ、これ、直訳すると single-Activityアプリを(データを複数画面で共有するときの理想的な)アーキテクチャにすることを目的としたフレームワークとしてナビゲーションコンポーネントを導入しました という感じなので、別にsingle-Activityが善とは言っていない気もします。


Material Designが大幅リニューアル

https://material.io/
公式サイトもかなり変わっています。
このリニューアルで、各コンポーネント毎にプラットフォームごとの実装状況実装方法とか記載されるようになりました

チュートリアル
https://material.io/collections/developer-tutorials/#android-java

デザイナー目線でのまとめ
https://note.mu/kenichiikeuchi/n/na9d3fc5093be

かなり自由度があがって、ブランド毎の個性を出しやすくなっているようです。

Comments

Androidでは実装がまだなのにFlutterにあったりして面白いですね。 Implementation の項目が増えたのはいいと思います。



GDPR(EU一般データ保護規則)への対策まとめ

https://blog.craftz.dog/gdpr-a-practical-guide-for-developers-24f94f2fce34
やること多いわりによくわかっていないGDPRですが、日本語でいい感じにまとまっていました。
罰金もすごいし大変そう…

https://www.reddit.com/r/androiddev/comments/8ig3wn/gdpr_consent_system_open_sourced/
redditではGDPRの同意求めるあたりの処理をまとめたライブラリが共有されていました

Comments

GDPR、アプリよりもバックエンドのデータの持ち方が大変そうですね……。


Androidサポートライブラリがandroidxにパッケージ変更

https://android-developers.googleblog.com/2018/02/introducing-android-ktx-even-sweeter.html

今後ライブラリ系は基本androidx.*なネームスペースになる模様。

旧サポートライブラリからのマイグレーションは、パッケージの対応表も用意されていますが、28.0.0-alpha1に更新したらAndroid Studio 3.2に用意されているマイグレーションツールが使えるようです。


Google I/OでのAndroid関連のセッション動画

Comments

https://www.youtube.com/playlist?list=PLOU2XLYxmsIInFRc3M44HUTQc3b_YJ4-Y

Android関係なくすべてのセッション動画の一覧はこちら

Techboosterさんのkeynote/developer keynoteのまとめ

https://techbooster.org/android/18079/
https://techbooster.org/android/18096/


Caster IOでAndroid Thingsのチュートリアルが無料(期間限定)

https://caster.io/courses/introduction-to-android-things


LyftによるVirtual DOMライブラリ

https://github.com/lyft/domic

まだ途中のようなのでよく分かりませんが、viewを抽象化してreactiveに使うためのライブラリのようです。もうちょっと出揃ったら試してみたいです。


Flutter beta3リリース

https://developers.googleblog.com/2018/05/ready-for-production-apps-flutter-beta-3.html

パフォーマンスの改善や多言語対応、広告等いろいろありそうです

Flutterチームによる記事はこちら: https://medium.com/flutter-io/flutter-beta-3-7d88125245dc

Comments

We believe mobile development needs an upgrade.

記事を読んだのですが、全体的に、すごく気合が入ってますよね。本気でモバイルアプリ開発のメインになるつもりなんでしょうか。


Twitter SDKのサポートが2018年10月で終了のお知らせ

https://blog.twitter.com/developer/ja_jp/topics/community/2018/TKSDK_tr.html

issueやPRの受付がなくなるがarchive状態で残すとのことなので、利用はできそうです。また、フォークは可能そうな気がするので、Twitterが突然banしたりAPIを非公開にしなければメンテナンスもできるかもしれません。



画面遷移にCoordinatorパターンを使おう

http://hannesdorfmann.com/android/coordinators-android

http://daisukenomura.hatenablog.com/entry/2018/05/04/145947
技術書展でkgmyshinさんが販売していた本関係で先週こんな記事もあったので、個人的には非常にタイムリーな内容でした。

いわゆる Navigator クラスと ViewModel/Presenterの間にCoordinatorというレイヤーを追加して、画面遷移のビジネスロジックよりな部分を記述しよう、という試みのようです。


©2019 — Android Dagashi