#23-20180701-20180707

Airbnbに続いてUdacityもReact Nativeをやめたようです。FragmentedにもGabrielが出て解説していましたので興味のある方はぜひ聞いてみてください。

loading share widgets...

Kotlinにおける成功時の戻り値と例外を両方格納できるユニオン型の提案

https://github.com/Kotlin/KEEP/blob/success-or-failure/proposals/stdlib/success-or-failure.md

自分でsealed classを定義したりしている方も多いと思いますが、JetBrainsから正式に提案があったようです。いくつかの実例を交えて、なぜそのようなユニオン型が必要なのか説明しているだけでなく、濫用の危険性やなぜflatMapがないのか、他の言語はどうしているのか、など説明が多岐に渡っていて読み応えがあります。

AirbnbのReact NativeサンセットについてFragmentedで話されたようです

http://fragmentedpodcast.com/episodes/129/
http://fragmentedpodcast.com/episodes/130/

両方合わせて1時間半くらいありますが……。ブログをすでに読んでいればかなり聴き飛ばせると思います。個人的にはReact Nativeのイメージがつきすぎて困った話や、最終的にネイティブ開発者の方がはるかに多くなった話が興味深かったです。このあたりは採用と密接に関わるのかもしれません。

Android PでのTextViewまわりの改善

https://android-developers.googleblog.com/2018/07/whats-new-for-text-in-android-p.html

PrecomputedText というテキストのレイアウト処理の一部をバックグラウンド等で予め行える仕組みが追加されました。androidxで PrecomputedTextCompat が提供されているのでAPI14から利用できますが、コードを見た限りだと実際に処理が有効になるのはAPI21以降のようです。

また、 Magnifier といういわゆる虫眼鏡機能も追加されています。これはTextViewだけでなく、WindowにアタッチされているViewならどんなものにでも使うことができます。

他にもSmart Linkifyや lineHeight アトリビュートの追加など、盛りだくさんです。

Comments

I/Oのセッションでも一部話されていましたね。 https://www.youtube.com/watch?v=x-FcOX6ErdI

Android Studioが壊れたときにすることリスト

https://medium.com/google-developer-experts/android-studio-is-borked-my-checklist-for-fixing-build-issues-e41a9dd8cba8

自分はClean Projectくらいで治ることが多いのですが、ご参考までに。

Comments

databindingがビルドエラーになるときはよく /<userhome>/.gradle/cache 消したりしてましたね…
android-cache-fix-gradle-plugin入れてからは大丈夫になりましたが

AirbnbがReact Nativeやめることについて、Appceleratorの見解

https://www.appcelerator.com/blog/2018/06/airbnb-sunsets-react-native-what-does-it-mean-for-cross-platform-app-development/

Axway AppceleratorはクロスプラットフォームアプリのSDK、Titanium SDKを作ってる会社です。いろいろ思い出のある方もいるのではないでしょうか。
クロスプラットフォームなSDKを開発してるので当たり前な結論かもしれませんが、彼らも既存のアプリにクロスプラットフォームな要素を混ぜていくよりは一からクロスプラットフォームで作ったほうがいい、という意見のようです。

最終的に自社プロダクトの宣伝になるのはまあお約束ですねw

Comments

ネイティブとReactNativeを混ぜることをunusual、unwiseと強めの語句を使っているところはちょっとどうかなと思いますが、一から作った方がいいという点は同意ですね。

余談ですが、読後の第一感は、Titaniumはまだがんばっていたのか、という失礼な印象でした :bowing_man:

Android P Beta 3

https://android-developers.googleblog.com/2018/07/android-p-beta-3-is-now-available.html

ほぼ最終バージョンと一緒ということで、自分達のアプリを動かして確認することをすすめています。また7/19にredditでAndroid PについてAMA (Ask me anything)を行う予定だそうです。

Comments

Beta 2のときの記事の日本語訳も出ているので、併せてどうぞ。
https://developers-jp.googleblog.com/2018/07/android-p-beta-2-and-final-apis.html

©2019 — Android Dagashi