#36-20180930-20181006

Made by Google 2018が日本時間10/9の夜24時に開催、Kotlin Conf 2018、Kotlin Coroutinesでデータの流れが単方向なアーキテクチャを作る、など

loading share widgets...



Android Suspenders

https://chris.banes.me/talks/2018/android-suspenders/

Chris Banesによる、Kotlin coroutineの解説です。最近のcoroutineの変更についても書いてありますし、とりあえずこれを読んでおけばあまり困らないのではないでしょうか。スライドの一部がちゃんと変換されなかったのか灰色で見えないのが残念でした。動画を待ちたいです。

Comments

個人的にはChannelはちょっと使いどころがあまりない思っていましたが、Location Updateで使うのはなるほどという感じでした。



新しいKotlinでRxJavaのSAM変換が問題なく扱えるようになるという噂

この情報のソースがどこか分かりませんが、期待して待ちましょう。


A Multiplatform Delight

https://speakerdeck.com/jakewharton/a-multiplatform-delight-kotlinconf-2018

https://youtu.be/_yaaCtWF8aE

Alec StrongとJake Whartonによるマルチプラットフォームの話です。SQLDelight 1.0の話とマルチプラットフォーム対応をした話が半々くらいでした。Kotlinは標準APIにClosableがないためにプラットフォームごとの実装が必要だったという話はマルチプラットフォームの難しさを感じさせます。

Comments

ところで発表の中で触れられているSQLDelgihtの機能がたいへん素晴しかったので 1.0-RC を心待ちにしております





Flutterで作られたアプリの一覧

https://itsallwidgets.com/

オープンソースかどうか、でもフィルタリングできるので参考になりそうです。
自分で登録していく方式のようなので、Flutterで作ったことのある方はぜひ。


Made by Google Launch Event 2018が日本時間で10/9の夜24時に開催

https://9to5google.com/2018/10/02/made-by-google-2018-livestream-pixel-3/

おそらくPixel 3が発表されるであろうMade by GoogleのLaunch Eventが10/9(火)のアメリカ東部時間で朝11時、日本時間で夜24時に始まります。日本ではちょっと辛い時間ですが、気になる人は見てみましょう。


Adopting Kotlin

https://medium.com/@tiembo/adopting-kotlin-50c0df79b879

Google I/OやPlaidをKotlin化した経験をもとに、どうやって既存プロジェクトにKotlinを導入していったかという話が書いてあります。ややいまさら感はありますが、「チーム内に1人Kotlin championを作ろう」とか「必要なだけ使おう(たとえば apply は2行以上の場合のみ)」といったあたりのルール作りはおもしろかったです。

©2019 — Android Dagashi