#43 2018-11-25

AndroidのJava8サポートの仕組み、DroidKaigi 2019の採択されたセッション一覧が公開、Fresh Async with Kotlin、など。

loading share widgets...

Dagger 2 for Dummies

https://medium.com/@elye.project/dagger-2-for-dummies-in-kotlin-with-one-page-simple-code-project-618a5f9f2fe8

何も知らない人向けのDagger入門です。他のチュートリアルと異なり専門用語をほとんど使ってないので分かりやすいと思います。またメソッド名やクラス名もわざと慣習と変えているので用語に惑わされにくいと思います。

Comments

なお、ここで言う dummy は「頭の悪い人」といった意味のようです。最初はstubやdummyのdummyかと思いましたが違いました 🙃


KotlinPoetでのスペースの扱い

https://github.com/square/kotlinpoet/issues/485

たまたま目に入ったのですが、おもしろい議論でした。自動生成したコードの空白はたいていの場合はラップして問題ないけれど、たまに問題が起きるケースもあるという話のようです。



Fresh Async with Kotlin

https://speakerdeck.com/elizarov/fresh-async-with-kotlin

Kotlinのcoroutineの開発者であるRomanによるcoroutineの紹介です。内容はcoroutineを知らない人向けではありますが、今回はStructured Concurrencyの話も入って全体的な完成度は高いと感じます。

Comments

この発表と関係あるか分かりませんが、直前のツイートがなかなか刺激的でした。






AndroidのJava8サポートの仕組み

https://jakewharton.com/androids-java-8-support/

D8やそれ以前のJava8のバックポートツールがどのようにしてそれを実現しているか、を解説しています。

Comments

API 26以降でも無名クラスが生成されるというのは自分も知らなくておもしろかったです

bazel では Java8 の time API などもバックポート出来るそうで。
D8にも欲しかったら https://issuetracker.google.com/issues/114481425 にスターつけてくれとのこと。
この話もうちょっと広まって欲しいなあと思いました。


iOS/Android セキュリティガイドライン

https://qiita.com/alt_yamamoto/items/f67a7ddb6ba13cca7369

アプリ作るときに気をつけなければならないことがまとまっています。
こんな感じでまとまっているのはあまり見かけないので、特に新規でアプリ作るよ!ってときに重宝しそうです。

©2019 — Android Dagashi